2011年07月20日

【ご案内】 8/20危機研/勉強会「東日本大震災被災地の状況報告と、今後の大災害に対応するための検討」


8/20の危機研/勉強会ですが。3人の方に、まずは被災地現地のお話しをいただきます。

1人目
司法書士法人新宿事務所 所長の阿部亮さん

AM1242khニッポン放送ラジオ番組
「阿部亮のNGO世界一周!」(毎週月曜日19:50放送) メインパーソナリティも務めており、
こちらの番組にて大槌町に支援物資を届けに行かれました。

また、ボランティアのマッチングサイト
「都道府県災害ボランティアセンター」を立ち上げられました。
http://www.todoufuken-saigai-volunteer.com/

ちなみに、阿部さんは、日本危機管理学総研の理事でもあります。


2人目
ソーシャルスタイラー株式会社の水上直人さん

気仙沼などにてボランティア活動を継続されています。


3人目
内閣官房 内閣広報室の吉田理子さん

先ごろ、石巻に視察に行かれました。

■首相官邸災害対策HP
  http://www.kantei.go.jp/saigai/index.html
■官邸災害情報Twitter
http://twitter.com/kantei_saigai
■KAN-FULL BLOG 
あなたと官邸を、まっすぐつなぐウェブサイト:
  http://kanfullblog.kantei.go.jp/

となっています。


さて・・・。8/20勉強会のご案内です。ご参加申込みをよろしくお願いします。


日本危機管理学総研×日本復興委員会(20110820)

テーマ  「東日本大震災被災地の状況報告と、今後の大災害に対応するための検討」


内 容 

日本危機管理学総研では、東日本大震災と原発事故の検証をスタートします。
来るべき、首都直下大地震や、東海、西日本の大震災などに備えるためです。

日本危機管理学総研では、いままでに阪神淡路大震災を分析調査し、
行政の初動対応(住民とのコミュニケーション)につきアンケートを実施し、
提言をまとめて公表しました。

今回は、上記に加えて、ソーシャルメディアの活用も射程に入れています。


8/20の研究会では、第1回ということで、
大槌町に支援物資を届けに行った、日本危機管理学総研の理事(司法書士法人代表)と、

気仙沼にてボランティア活動を行っている、NPO法人のスタッフ、
また、石巻にて現地視察を行った、政府職員、
それぞれに現地の状況を発表いただく予定です。

現地の状況報告に合わせて、現地にていま必要とされていること、
また、東日本大震災の直後に、どのようなことが行ったのか、
何を準備して、何が役に立ち、何が役に立たなかったも、
それぞれが聞き取ってきた範囲で報告をいただこうと考えております。

また、東日本大震災直後に何が起き(地域ごと)、それに対して、何をすべきだったのか
(たとえば通信連絡手段の活用など)
を議論できればと考えております。

この議論の結果を、今後の日本危機管理学総研の調査研究の具体的方向性の基礎とします。
  

発表者 阿部亮氏(司法書士法人新宿事務所 所長/
            AM1242khニッポン放送ラジオ番組
            「阿部亮のNGO世界一周!」(毎週月曜日19:50放送) メインパーソナリティ)

     水上直人氏(ソーシャルスタイラー株式会社)

     吉田理子氏(内閣官房 内閣広報室) 

日 時 2011年8月20日(土曜日) 
     (13:45から受付開始)14:00〜16:50 

会 場 東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 
     5階 502会議室

会 費 社会人3000円/学生1000円

参加申込
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
                      ↑@を半角にしてください。
     下記の内容を送信してください。

     8/20危機研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。



posted by 政治研 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

【セミナーご案内】 7/31久保田崇氏「官僚に学ぶ仕事術」出版記念フォーラム<未来を創る仕事術>

さて・・・。7/31、いろいろお世話になっております青山社中さんと

共同企画(フォーラム、セミナー)を開催します。

戦略研・代表の新田くんも、対談者として登壇します!


この共同企画と、

7/30戦略研/政治研「若手地方議員サポート」

8/6政策マーケティング研究会「越智隆雄氏の人口減少時代の国家グランドデザイン」

とともに、「日本の未来 夏の陣」というパッケージ・キャンペーンです。

「7/31 仕事術により時間に余裕を作り出して、社会にコミットする基礎を作る、
8/6   日本の50年後、100年後の未来を考えて、人生の方向性を定める、
7/30  日本の未来のため、また、仕事術の応用として自らの専門スキルで、
       まずは地方政治にコミットする」

という趣旨になります(順番があっちゃこっちゃですが)。

とても暑い夏になりそうです!

ご参加申込み、よろしくお願いします!


「青山社中×戦略経営研究会」共同企画!(20110731)

久保田崇氏「官僚に学ぶ仕事術」出版記念フォーラム<未来を創る仕事術>

政治・行政が混迷を深める中、注目の新著『官僚に学ぶ仕事術』を出版された
久保田崇氏(内閣府参事官補佐)を迎え、官僚の「仕事術」と、
若手官僚の視点から見た、政と官のあり方や霞が関の未来について語って頂きます。

また、ビジネスパーソンの視点から国家戦略を立案する「戦略経営研究会」代表の
新田大介氏との対談で、官僚とビジネスパーソンの仕事術の共通点・相違点を明らかにし、
未来の自分・組織・社会の成長のための仕事術を探っていきます。

併せて明日からの仕事に応用できる実践的な「仕事術」ワークショップも開催します。

終了後、懇親会あります(費用別途)。


日 時:2011年7月31日(日)15:00〜18:00

場 所:LEC 東京リーガルマインド新宿西口本校
    (〒160-0023新宿区西新宿7-10-1 新宿第2アオイビル)

協 力:LEC東京リーガルマインド

会 費:3,000円
    (青山社中後援隊会員・戦略経営研究会会員2,000円、学生1,000円)

参加申込:本フォーラムのホームページ
       http://kokucheese.com/event/index/13835/
       からお申し込み下さい。

お問い合わせ:青山社中株式会社:http://aoyamashachu.com
         戦略経営研究会:http://www.sp-senryaku.org


それでは。会場でお会いしましょう!


posted by 政治研 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

【転送】8/6政策マーケティング研究会 越智隆雄さんによる「人口減少時代の国家グランドデザイン」

7/30戦略研/政治研の「若手地方議員サポート」
7/31青山社中さんとの共同企画
そして、下記8/6の勉強会と、

「日本の未来、夏の陣」を開催します。


さて・・・。戦略研メンバーにて、議事録作成などご協力いただいている、
河合さんが下記のとおり政策マーケティング研究会を立ち上げることになりました。


8/6のキックオフ!ミーティングのご案内をいただきましたので、転送します。
前衆議院議員の越智隆雄さんに日本の未来につきご発表いただき、それをもとに活発な議論を行うとのことです。

ぜひ、ご参加申込みを!



【政策マーケティング研究会、キックオフ!ミーティングのご案内】

このたび、政策マーケティング研究会を、下記のとおりの思い(設立趣旨)から立ち上げることとしました。

日本が現在置かれている状況と課題を、長期的な視点で整理した上で、
今後取るべき国家戦略を様々な角度から専門家に提示してもらい議論する。
また、勉強会での議論を「関心層」の声と捉えた上で、「中間層」
「無関心層」はその問題を現在どう捉えており、共通認識とするために必要な
翻訳作業、メッセージ開発についても考察しコミュニケーション戦略の一助とする。

そして、この会のゴールとして下記を設定します。

日本の50年、100年後を見据えた上での国家戦略を
わかりやすい言葉で総括的にパッケージングする。


2011年8月6日、キックオフ!ミーティングを開催します。

キックオフ!ミーティングにふさわしい発表者として、

「人口減少時代の国家グランドデザイン」を提唱する稀有な政治家である、

越智隆雄氏にお願いしました。

ぜひ、みなさまご参加を、そして活発な議論をよろしくお願いします。

          2011年6月吉日  政策マーケティング研究会会長 河合



20110806政策マーケティング研究会 キックオフ!ミーティング
 
テーマ 「人口減少時代の国家グランドデザイン」

内 容(講師からのメッセージ)

 人口減少は人類社会発展の一つの到達点である。いま私たちは
 成熟社会を創り上げるための産みの苦しみのただ中にある。
 政治史や人口学の観点から日本の現状を客観的に分析し、人口
 減少時代の国家グランドデザインをできるだけ論理的に探究する。
 日本の場合、発展のスピードが早かったため、第一に人口増加の
 スピードが早く、第二に少子高齢化への対応を怠った。そのため、
 欧州などの先進諸国に比べると解決すべき問題は大きい。
 人口減少、高齢化、無縁社会化、経済縮小、財政危機などの課題
 が顕在化する必然性について明らかにした上で、人口減少時代に
 おける国家経営や国民生活のあり方について、皆さんと考える。

発表者 越智隆雄氏(前衆議院議員、日本の未来研究所代表)

日 時 2011年8月6日(土曜日) 
     (13:45から受付開始)14:00〜16:50 

会 場 東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 

会 費 社会人3000円/学生1000円

参加申込(事前申込制。なお、定員となる場合がございます)

     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
                      ↑@を半角にしてください
     下記の内容を送信してください。

     8/6政策マーケティング研究会に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

posted by 政治研 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。