2009年01月18日

2/7政治研、開催「防災まちづくり 」(戦略研との合同)

さて・・・。
Strategic Planning<戦略経営研究会>66thミーティング(2/7)ご案内です。

テーマ: 2018年日本の戦略シリーズ
      「防災まちづくり
       〜大規模災害と地域コミュニティ〜」

日 時: 2009年2月7日(土) 14:00〜17:30(13:45より受付開始)
場 所: 東京・竹橋  
   ちよだプラットフォームスクウェア 

講 師: 杉本洋平氏(構想未来インターフィールド 主任研究員)
      http://thefutureconcept.cocolog-nifty.com/
      http://thefutureconcept.cocolog-nifty.com/ys/cat8214048/index.html

内 容: 

災害は社会の弱点を急襲するという。しかしながら、災害対策にとって
最も困難となる壁は、いつ発生するかわからぬ災害という不確実性な危機
に対して人々は社会は常に高い意識と緊張感を持続することはできないと
いうこと。そして防災対策といわれるひとつひとつの施策に高いコストと
労苦がかかる。これが防災対策に対して敷居の高いイメージを与えている。

しかしながら、1995年に起きた阪神・淡路大震災では地域で行われていた
あいさつ運動が要救助者の早期発見・救出につながったという事例もある。
耐震化対策、家具転倒防止、救命講習や食料備蓄といった防災対策も重要
ではあるが、隣近所との挨拶など、もっと身近に日頃から持続できる防災
があるのではないか。

本研究会では阪神・淡路大震災の事例や各地の取り組みにも着目しながら
参加者一人ひとりが防災を身近にとらえることができる機会の場となること
を目指したい。

      ・・・そういったあたりのお話しになりそうです。

      なお、発表後、全員参加の議論を予定しています。

      (ネットでの事前学習及び、ミーティング後のレポート作成を予定)    

共 催: NPO法人日本危機管理学総研
      NPO法人農業情報総合研究所
      現代政治戦略研究会

参加者(予定): 外資系コンサルティング、財務コンサルティング、
          公認会計士、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、
          会社員、FP、会社経営者、経済評論家、
          地方議員、公務員、大学教員、研究員、大学院生、大学生 等
          ・・・20人前後(予定)

方 式: 発言者のテーマ発表(問題提起)の後、質疑応答、さらに
      参加者全員による議論方式(問題解決)
      人数によっては、ミーティング開始時にアイスブレイキング。
      また、問題解決の議論につき、グループ分け。

会 費: 社会人3,000円 / 学生1,000円

注 意!: 当日、会場における写真・ビデオ撮影、録音等については、
       禁止させていただきます。

なお、ご参加の方は、
何かしら「ネタ」(近況報告・専門情報)をお持ち下さい・・・。

参加申込み : 戦略研ホームページより
          http://www.sp-senryaku.org/
          
          (事前申込みの無い方の、当日参加をお断り致します)

※ 初参加の方は、戦略経営研究会HPを、まずはご覧になってからお申込み
 ください。
  http://www.sp-senryaku.org/

ミーティングの後、懇親会「新年会!」がございます(費用別途)。

posted by 政治研 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

防災グッズ 災害に備え枕元においておくとよいもの
Excerpt: 先に紹介したいつも身近に置いておくものに加え、就寝時枕元に 置いておくとよい防災グッズは ○ヘルメット 災害時外に出るときガラスなどの落下物から身を守ります。 ○厚手の靴下 ○スリッパ ..
Weblog: 防災非常時に役立つ防災のための備えと防災グッズ静岡で防災グッズを捜す
Tracked: 2009-01-21 00:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。